そういえば「筋膜」て何だっけ?

2024/03/18 ブログ
ひとのわ

筋膜、ファシアと聞きなれてきたけれど
なんだったっけ?
と思っていませんか。
日常で使う言葉でも知識でもないからこそ忘れてしまいがち。

今回は、筋膜のおさらいです。

筋膜とは骨・臓器・血管・神経を包む薄いネット状のもの。

この膜が骨や臓器を包み、正常な位置に維持し、バラバラにならないようにしているのが筋膜です。

そもそも、骨や臓器がバラバラになるイメージができにくいとは思いますが、膜がないとバラバラになってしまうのです( ゚Д゚)

ちなみに
筋肉を包む薄いネット状のもの=筋膜
を包む薄いネット状のもの=骨膜
内臓を包む薄いネット状のもの=内臓膜
などと表現し、神経も含めそれらを包む薄いネット状のものを総称して【ファシア】といいます。

筋肉は全て筋膜に包まれています。
隣り合う筋肉同士は筋膜で接しています。
筋膜は体全体に存在し、一枚のボディスーツに覆われているようなものなのです。

その一箇所でも縮んでしまうと全身の筋膜がその縮みに
引っ張られてしまうのです。

例えば、腰が痛いなと感じている方
腰回りの筋膜が縮んでいます。
縮んでいる分、他の筋膜も引っ張られ、不調が起きます。
それが、肩が凝りだったり、首こりだったり…

この一部の縮みのせいで体に歪みや痛みが発生してしまうのです。

だからこそ、コリや慢性疲労の原因が一か所の施術だけでは改善できないのが分かりますね。

さて、次回は
筋膜が癒着する?硬直する?
について書いていきます。
これを知ると、自分で体のケアができるようになる!?かも♪

筋膜